お問い合わせ

コラム column

  • 2021.11.16
  • コラム

保育園におすすめのICTシステム7選!主な機能と料金形態を紹介

タブレットを持つ女性

保育園向けのICT(情報通信技術)システムを導入すると、国や自治体から補助金が出ることをご存じでしょうか?

現在、保育士の負担軽減や保育の質の向上を目的に、保育園でも業務のICT化が進んでいます。ICTシステムを導入することで労働環境が改善され、保育士不足の対策にもなります。

ただ、世の中には多くの保育園向けICTシステムが存在するため、どれを選んだらよいのか迷ってしまうことも多いと思います。

この記事では、保育事業者の方がICTシステムを選ぶときにチェックすべきポイントと、おすすめのシステム7つを紹介します。

保育園向けICTシステムとは?

保育園向けのICTシステムとは、パソコン・タブレット・スマートフォン・インターネットなど、情報通信技術を用いて保育園の業務全般をサポートするシステムのことです。園児の記録や会計処理、職員間での情報共有や保護者とのコミュニケーションに使える便利な機能が搭載されています。

ICTシステムを導入すれば、紙やエクセルで行っていた集計や書類作成作業や、電話やメーラーで1件ずつ対応していた保護者連絡など、毎日発生する業務をシステム上で行えるようになります。

それにより、従業員の残業時間の削減や、ペーパーレス化によるコスト削減を実現できます。また、保育士の作業負担が大幅に軽減されるため、行事やイベントの準備、園児に対する保育指導の時間が増え、保育の質向上も期待できます。

保育園向けICTシステムの選び方

保育園向けのICTシステムを選ぶ時に、チェックすべきポイントを紹介します。

必要な機能が搭載されているか

保育園向けのICTシステムは多機能化が進んでおり、保育園運営に関連するあらゆる機能が搭載されています。

ただ、それらの機能をすべて利用するとは限りません。自園では必要ないという機能もあるでしょう。自園に必要な機能を見極め、現場で問題なく運用できるかどうかが重要です。

以下の項目は、ICTシステムに搭載されている一般的な機能です。製品によっては一部機能に特化しているものや、オプション機能としてカスタマイズできるものもあります。これらの機能のなかから、導入前に保育園運営における課題を洗い出し、必要な機能をチェックしておくと良いでしょう。

情報管理機能 園児情報、指導計画、保育日誌、成長経過記録、写真管理機能など。
園児の登降園に関連する機能 登降園時間の打刻、出席状況確認、延長保育料計算、明細印刷など。
保護者連絡機能 メール一括送信、メール既読チェック、欠席・遅刻・お迎え変更連絡など。
健康管理機能 睡眠チェック、体温測定など。
業務管理機能 シフト管理、請求管理など。

セキュリティ対策は万全か

保育園向けのICTシステムは、園児と保護者の個人情報を扱います。自社で情報漏えいが発生してしまえば、損害賠償やシステムの修復コストに加え、保育園の社会的信用の失墜は免れられないでしょう。

こういったリスクを回避するため、システムに必要なセキュリティ対策が講じられているかチェックする必要があります。

ICTシステムが搭載しているセキュリティ機能としては、アクセス権限の付与や操作ログの取得・管理、暗号化通信、IPアドレスのアクセス制限、外部監査機関による審査などをチェックしましょう。

強固なセキュリティ対策は、従業員のICTシステムセキュリティリテラシーを向上させるとともに、保護者に対して安全な運営をアピールする材料にもなります。

補助金に対応しているか

システムが補助金に対応しているかを確認しましょう。

保育の現場で業務の負担を軽減するため、国や自治体はICT化のための補助金制度を整備しています。補助金には次のようなものがあります。

事業名 管轄 実施主体 概要 補助金額
保育所等におけるICT化推進等事業 厚生労働省 都道府県、市区町村 新型コロナウイルス感染防止のため、保育の周辺業務や補助業務に係るICT等を活用した業務システムの導入を支援するもの。 1施設あたり100万円
保育所等におけるICT化推進補助金 東京都福祉保健局 区市町村 保育所等におけるデジタル化を推進することで、保育士の業務負担の軽減を図るとともに、保護者にとって必要な情報等を把握しやすくすることによって、児童の福祉の向上を図ることを目的とするもの。 1施設あたり200万円

これらの補助金制度に対応しているかチェックしましょう。実施主体により補助金制度の条件や内容が異なる場合があるので、確認をしてください。

保育園システムおすすめ7選

ここからは、保育園の業務を円滑にするおすすめのICTシステムを7つ紹介します。

1.CoDMON(コドモン)

codmon

CoDMONは、株式会社コドモンが提供する保育ICTシステムです。

業界シェアNo1であり、導入施設数は2,000以上、15万人以上の保育士に活用されています。低価格なのにもかかわらず豊富な機能が利用できます。

以下のように、保育士の業務効率化や保育の質向上を支援する機能が充実しています。

基本機能 有料オプション セキュリティ
  • 園児・職員・施設情報管理
  • 連絡帳・製本販売
  • アンケート
  • 写真販売
  • お知らせ一斉配信
  • 欠席・遅刻連絡
  • 行事予定管理
  • ファイル共有
  • 職員アプリ
  • 保護者アプリ
  • ユーザーサポート
  • 登降園・出退勤管理
  • 帳票管理
  • シフト管理
  • 請求管理
  • 保育ドキュメンテーション
  • 発育・健康記録
  • 給食管理
  • 月間献立配信
  • 動画配信
  • 採用ページ作成
  • バス運行管理
  • 口座振替代行
  • ISMS認証(ISO/IEC27001)取得
  • IPアドレス制限
  • データ復旧サポート
  • データあんしんパック(有料)

補助金活用のサポートやマニュアルも用意されていますし、セキュリティにも万全の対応なので安心です。

料金

初期費用 0円
基本利用料(月額) 定員1~30名 3,300円
定員31~60名 5,500円
定員61~100名 8,800円
オプション料金 各3,300~8,800円

CoDMON(コドモン)

2.キッズビュー

kidsview
キッズビューは、日本ソフト開発株式会社が提供する保育ICTシステムです。全都道府県に導入実績があり、業界シェアはトップクラスです。

導入時のサポートだけでなく、導入後も定期的に無料説明会を実施するなど、フォロー体制が充実しています。

基本機能 有料オプション セキュリティ
  • 計画作成
  • 要録
  • 保険記録
  • 午睡チェック(SIDS対応)
  • 発達の記録
  • 保育日誌
  • 延長保育受付
  • 預かり保育受付
  • 保護者向け掲示板
  • 園だより
  • 保護者スマホ出欠連絡
  • 職員間掲示板
  • 文書ライブラリ
  • 園児出欠管理
  • 園児台帳
  • ヒヤリハット・事故報告
  • 名前シール印刷
  • 保護者登校園(タッチ式、QRコード式)
  • 預かり保育記録
  • 保育料管理
  • 一斉メール配信
  • 出退勤・シフト作成
  • 園バス位置情報サービス
  • 写真販売
  • 法人管理機能
  • 帳票デザイナー
  • IPアドレス制限
  • ログ出力機能

料金

要問合せ ※無料トライアルあり

キッズビュー

3.Hoic(ホイック)

hoic

Hoicは、株式会社エクシオジャパンが提供する保育ICTシステムです。

わかりやすい画面設計で、パソコンに不慣れでも簡単に操作できます。保育園で最も利用される機能すべてを、園児数に関わらず一律料金で利用できる点もメリットです。

基本機能 有料オプション セキュリティ
  • 登園児台帳
  • 登降園管理
  • 児童票
  • 成長記録
  • 保育日誌
  • 保育要録
  • 午睡チェック
  • 事故・ヒヤリハット
  • 検食簿
  • 職員台帳
  • 出退勤管理
  • シフト作成
  • ファイル管理
  • 保育料請求
  • アンケート
  • 行事登録
  • お知らせ
  • 連絡帳
  • 園ギャラリー
  • 多言語対応
なし(すべて基本機能に含まれる)
  • アクセス権の設定
  • IPアドレス制限
  • データ通信SSL
  • AWS採用
  • SECURITY ACTION(2つ星)
  • プライバシーマーク取得

料金

初期費用 0円(データ管理、研修・サポート代は別途)
基本利用料(月額) 11,000円
メンバー数 無制限

Hoic

4.ルクミー

lookme

ルクミーは、ユニファ株式会社が提供する保育ICTシステムです。全国の導入実績は11,000件以上です。

保育者向けのオンライン研修やわかりやすいマニュアルなど、手厚いサポートが魅力です。

午睡チェックに対応した業界初の保育園専用サービス「るくみー午睡チェック」はグッドデザイン賞を受賞しています。

基本機能 有料オプション セキュリティ
  • クラスボード(クラス情報一元管理)
  • 連絡帳
  • おたより
  • フォト(写真記録・販売)
  • ドキュメンテーション
  • 保育者・先生用アプリ
  • カスタマーサポート
  • オンライン説明会
  • 帳票管理
  • 午睡チェック
  • 体温計
  • 登降園
  • 請求管理
  • シフト管理
  • バス位置情報
  • ISO/IEC 27001
  • プライバシーマーク取得
  • 24時間365日の監視
  • 通信の暗号化
  • 自動バックアップ
  • IP指定のアクセス制限

料金

初期費用 0円(月額最大3ヵ月無料キャンペーン中)
基本利用料(月額) 5,500円
オプション料金 別途見積もり

ルクミー

5.チャイルドケアシステム

caresystem
チャイルドケアシステムは、株式会社CHaiLDが提供する保育ICTシステムです。

延べ6,000人の子どもから得た700万件のデータと、1,000人の保育士業務を分析して開発されました。

日々のデータを入力、蓄積することで、発達予測と個別最適化に基づいた保育計画が提供されます。よりきめ細やかな保育を実施したい事業者の方におすすめです。

トライアルプラン ライトプラン スタンダードプラン プレミアムプラン 有料オプション
  • 連絡帳
  • 欠席・遅刻・送迎時間変更
  • お知らせ一斉配信・緊急連絡
  • 行事予定
  • 資料室(配布一覧)
  • 写真販売
  • 園児関連登降園管理
  • 園児(児童)台帳
  • 備品購入
  • 職員関連職員台帳
  • 延長保育利用料計算
  • 出席簿
  • 成長記録(身体測定)
  • 発達記録
  • 検温記録
  • 喫食記録
  • 午睡チェック
  • ヒヤリハット
  • 児童票作成
  • お便り作成
  • 日誌作成
  • 請求書の発行
  • 出退勤管理
  • 保育計画・要録作成
  • AI・EdTech関連
  • 発達予測
  • 関心予測
  • 事故集計
  • 発熱予測
  • 口座振替代行
  • 入金管理
  • API連携
    (給与計算ソフト・会計ソフト連携)
  • ワークスケジュール
    (シフト)
  • 献立管理
各プランの機能に加え、
オンデマンド教材が含まれる。
CCS SENSOR
(午睡チェックセンサー)

料金

初期費用 0円
トライアルプラン 5,500円
ライトプラン 17,600円
スタンダードプラン 33,000円
プレミアムプラン 44,000円

※CCS SENSOR(午睡チェックセンサー)の初期導入費用は166,100円ですが、いづれかのプランと同時に申し込むと無料になります。

チャイルドケアシステム

6.Kids Diary(キッズダイアリー)

diary

Kids Diaryは、キッズコネクト株式会社が提供する保育ICTシステムです。

専用端末によるQRコード打刻、写真やPDFの添付ができる保育日誌など、現場目線を意識した便利な機能が充実しています。

基本機能 有料オプション セキュリティ
  • 連絡帳一括作成
  • 遅刻・休み連絡
  • 請求関連自動集計・発行
  • 参加項目自動集計
  • 園だより
  • 各帳票作成
  • 献立作成・食数自動集計
  • シフト作成
  • 発達管理
  • 献立アレルギー共有
  • バスGPS運行・遅延通知
  • 災害時緊急お知らせ
  • スクールアルバム
  • 多言語対応
  • 予約管理
  • 保護者予定表
なし(すべて基本機能に含まれる)
  • プライバシーマークの取得
  • ISO/IEC27001認証の取得
  • SSLによるデータ暗号化
  • データの24時間監視
  • 人的セキュリティー対策

料金

初期費用 0円
基本利用料(月額) 定員1〜59名 11,000円
定員60〜119名 21,780円
定員120名~ 36,960円

※新規契約&他社から乗り換えでサービス利用料1年間無料キャンペーン実施中

Kids Diary

7.WEL-KIDS(ウェルキッズ)

welkids

WEL-KIDSは、株式会社ウェルキッズが提供する保育ICTシステムです。誰が見ても同じように理解できるシステムのため、安心して利用できます。

無料のオンライン説明会を平日に開催しており、操作やシステム導入についてわからないことがあれば、リアルタイムで相談できます。

園児基本プラン 職員基本プラン 有料オプション セキュリティ
  • 登降園管理
  • 園児の記録
  • 出欠簿
  • お迎えの確認
  • 園児台帳・一覧
  • 園の様子(ブログ)
  • 献立
  • 連絡帳
  • 遅刻・欠席の連絡
  • 写真販売サービス
  • 職員台帳・一覧
  • 勤怠管理・掲示板・スケジュール
  • 他の社会福祉施設勤務の登録
  • 出欠・集計管理
  • 保育予約
  • 保育費請求
  • 口座振替
  • 保健情報管理
  • 午睡チェック
  • 保育要録
  • シフト管理
  • 勤務表
  • 申請一覧
  • 休暇管理
  • 指導計画
  • ヒヤリハット
  • 事務日誌
  • 幼稚園指導要録
  • バス運行状況
  • メールの一斉配信
  • 既読未読の管理
  • プライバシーマークの取得
  • ISO/IEC27001認証の取得
  • 第3者による不正閲覧ブロック措置
  • 個別IDとパスワードによる閲覧制限
  • 操作ログ情報の取得・管理
  • 外部監査機関による審査

料金

初期費用 0円
園児基本プラン 5,500円
職員基本プラン 5,500円
フルパッケージプラン(有料オプション含む) 27,500円

WEL-KIDS

まとめ

保育園向けICTシステムは、月額1万円前後で気軽に始められるものがほとんどです。ただ、製品によっては必要な機能が有料オプションになるため、事前に料金体系と使える機能をリサーチしておきましょう。

導入してすぐは、慣れない作業のため現場が混乱するかもしれません。事前に操作性や運用イメージを従業員と共有しておくとスムーズです。

スクルドアンドカンパニーは、ICT補助金の提案、申請書類作成など手続き全般のサポートを承ります。園の規模や運営体制に合わせてご提案しますので、お気軽にご相談ください。

スクルドアンドカンパニーの問い合わせ先
電話番号:03-6273-2760
メールフォームはこちら